EXHIBITION

NHKサイエンススタジアム2019

2019年12月7日(土)・12月8日(日)
日本科学未来館・7階イノベーションホール


アルスエレクトロニカフェスティバル2019

2019年9月5日(木)~9月8日(日)
リンツ(オーストリア)アルスエレクトロニカセンター ディープスペース8K


Inter BEE 2019

2019年11月13日(水)~15日(金)
幕張メッセ ホール3
(アストロデザインブース内)


WORLD CONGRESS OF SCIENCE & FACTUAL PRODUCERS

2019年12月2日(月)~12月5日(木)
日本科学未来館・7階イノベーションホール

STORY

古からクリエイターたちが取り組んできた「ストーリー(物語)テリング」。
「カナシミの国のアリス」は、小説から映画、そしてテレビ番組、演劇、オペラなどストーリーに基づく作品の歴史に、最新の映像・音響技術により新たな局面を切り開くことを目的に制作された。(主演:モトーラ世理奈)

現代の東京のどこにでもいる女の子の象徴「アリス」。自分を辞めてしまいたくなる瞬間、どんなに望んでも手に入らないもの、眠れない長い夜・・・この世界はそんなものの連続でできていて、時々ふと消えてしまいたくなる。そう感じる彼女が夜空に身を投げようとした時、そこは不思議の国への入り口だった。都会のめまぐるしい世界、他者からの外圧、逃げ出した世界で自分と向き合うことを強いる宙に浮かぶ老婆、感情が混ざり合い爆発する宇宙、初めて向き合う心の奥底のカナシミ。奇怪な旅の果てに、彼女は絶望していたはずのこの世界に帰ってくることを選択する。カナシミに終わりはないけれど、それも含めて自分の存在を肯定するまでのちょっと不思議な物語。この作品が、あなたの心を一瞬でも軽くしてくれますように。

TECHNOLOGY

「8K×3D×intaractive」は、正面8K3D、床面4K2DのDual Projection、音響は22.2chサラウンド空間、さらにTouchDesignerを使ったインタラクティブな仕掛けを入れ込み、ヘッドマウントディスプレイを使わずに空間そのものを物語体感装置化した世界初の試み。鑑賞者の人数やその動きをDENSO 3DLiDARで読み取り、拍手はマイクで拾い、それらをトリガーにリアルタイム3D描画をおこなう。ファンタジックな世界観の裏にテクノロジーを組み込んだ、今までにない物語体験ができる。